消費者金融と銀行の違いを知っておく

普段の生活のなかで、思わなかった出費が重なったり、ちょっと使い過ぎて給料日までもたないということは、誰でも経験があると思います。
そんなとき、お金を借りる方法がいろいろありますが、キャッシングでお金を借りるのもひとつの方法です。
キャッシングは消費者金融系と銀行系があり、それぞれメリット、デメリットが有るので申込をする前に知っておけば、申込をしたあと後悔したということがなくなります。
「消費者金融のメリットとデメリット」
メリットのひとつは銀行カードローンに比べて審査が早いことです。
消費者金融はこれまで蓄積してきたデータをもとに、システムやノウハウを使ってスピード審査が可能になっています。
そのため、「即日融資」が可能で、今日明日中にお金が必要になったときでも、申込をしたその日にお金が借りられるようになります。
また、消費者金融系は少しでも多くの人に利用してもらいたいことから銀行系に比べて審査が緩く、口コミなどを見ても銀行カードローンで借りられなくても消費者金融で借りられたという多くの情報があります。
消費者金融系は、銀行カードローンに比べて少し金利が高い、ということがデメリットですが、給料日前の一時的な借入であれば、金利の差はほとんど影響しません。
たとえば消費者金融で5万円を金利18.0%で10日間借りたとすると、その利用金利は250円になります。
もっとも金利の低い銀行カードローンから7,99%で借りたときの利用金利は110円になり、その差はわずか50円だけなるので短期で借りる場合はさほど気になる利息ではありません。
ただ、長期返済を考えている場合はその差が大きくなるのでデメリットになります。
参考・・・http://xn--u9jtgpd8f4a3cc7209fuywavt3b5pzb.com/
「銀行カードローンのメリット、デメリット」
銀行カードローンは消費者金融と比べて、金利が安いのが一番のメリットになります。
銀行カードローンは大手銀行や都市銀行、信用金庫など多くの銀行がカードローンの参入しています。
銀行は少しでも多くの顧客を獲得するために独自の基準で金利や融資限度額を決めているので、銀行カードローンのなかで金利の比較ができます。
銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収に関係なく融資ができるので、少しでも多くを借りたいかたや、無収入の専業主婦でも申込ができます。
銀行のカードローンは目的ローンとちがい、無担保でお金を貸付けるので、審査がより厳しくなり、時間がかかることから一部の銀行をのぞいて「即日融資」がむつかしいのがデメリットになります。
これらのことから、すぐにお金が必要なときは、消費者金融の即日融資」を申込む、金利を低くおさえて利用したいときは銀行カードローンを選べばよいでしょう。

関連記事